リアルな体験と役立つ情報をお届けします。

小学生ママの子育て奮闘記

パソコン

lightworks 公式サイトからの無料ダウンロード、日本語化の使い方、開けない・起動しない時のエラー対処法

lightworksの無料ダウンロード方法・ダウンロードできない時の対処法

lightworksには無料版と有料版があります。
いずれも公式サイトからダウンロードすることができます。

lightworksは64bitで稼働するので、Windows10の場合64bit版が必要となります。
32bit版を使用している場合、インストールできたとしても動作が不安定になったり、パソコンの性能を生かしきれない可能性があるので
64bit版への切り替えがおすすめです。

なお、ソフトウェアのダウンロードは、公式サイト以外にもソフトウェア紹介サイトからダウンロードするという方法があります。
ソフトウェア紹介サイトは、日本では「Vector」や「窓の杜」、海外では「Majorgeek」などが有名ですが、有名なサイト以外でのダウンロードはコンピューターウイルスをダウンロードさせられるといった危険性があるのでおすすめできません。
不安な場合は基本的に公式サイトからのみダウンロードするようにしましょう。

ダウンロードができない場合、ウイルス対策ソフトが原因の可能性があります。
ウイルス対策ソフトは一時的に動作を止めることができるので、その間にインストールを済ませ、ウイルス対策ソフトの例外にlightworksを追加しましょう。

lightworksの日本語化の仕方

lightworksは英語で作られたソフトですが、各種表示を日本語にすることができます。

日本語化の方法は以下のとおりです。

  1. lightworksを開く
  2. 右上の歯車アイコンをクリックし、「Wording..」をクリックする
  3. 右上の歯車アイコンをクリックし、「Import wordings..」をクリックする
  4. 一覧の中から「Japanese.LwWords」をクリックして「OK」をクリックする
  5. エクスプローラーを開く
  6. C:\Users\Public\Documents\Lightworks\Preferencesを開く
  7. 「rewording.txt」をメモ帳で開く
  8. 「IDS_HardwareSoftwareOnly=」の横にある「システムサウンド」を「SystemSound」に打ち換えて「上書き保存」を行う

以上の方法でlightworksを日本語化することができます。

lightworksの使い方 画像動かす方法

lightworksでは、配置された画像をズームインしたりズームアウトしたりといった、画像を動かせる機能があります。

画像を動かすには、キーフレームを設定する必要があります。
画像を動かすときの始まりと終わりのフレームをせっていすることで、そのフレーム間で画像が動くというのが基本的な認識となります。

単調な画像の動きなら単一のキーフレーム設定で済みますが、途中で動きに緩急をつけたい場合は複数のキーフレームを設定することで対応できます。

lightworksが起動しない時の対処法

lightworksが起動しない時の原因は複数あります。

  • 日本語化関連
    一般的なソフトウェアでは日本語化を行う場合は設定を変更するだけで事足りますが、lightworksの場合では前述のとおり設定以外にも変更をかける必要があります。
    この手順を省略してしまうと、lightworksが起動しなくなるようです。
  • その他の問題
    日本語化以外の要因で起動しない場合、一度lightworksをアンインストールしましょう。
    その後再インストールをすることで改善する場合があります。

lightworksで書き出しできない時・エラー対処法

lightworksでは度々書き出し時にエラーが発生し書き出しができないといった症状が報告されています。
書き出しに失敗する際は、一度lightworksをアンインストールし、再インストールすることで改善することがあります。

中古パソコンなど、古いパソコンの場合はスペックがlightworksに耐えられずに結果的に書き出しができないといったこともあります。
この場合はパソコンの買い替えやパーツの入れ替えなど、ハードウェア面での改良を検討する必要があります。

また、操作に慣れている場合日本語化をせず英語版で実行するのも、動作安定の一助になります。

-パソコン

Copyright© 小学生ママの子育て奮闘記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.