リアルな体験と役立つ情報をお届けします。

小学生ママの子育て奮闘記

お得情報

積み立てニーサの落とし穴やおすすめの銘柄の選び方、デメリット、シュミレーション、利回りで損した場合

 

 

積み立てニーサを楽天で利用する時の落とし穴

積み立てニーサは楽天からも利用できます。

 

積み立てニーサは、うまくいけば資金を増やすことに繋がりますが、損することもあります…。損しないようにするためにも、積み立てニーサの落とし穴について知っておきましょう!

 

積み立てニーサで損した時の原因としてよくあるのが、

 

・投資のタイミングを選べなかった

・商品の選択肢が少ない

・ロールオーバー不可能

・損益通算ができない…

・一括投資よりローリターンになることがある

・損失があっても税金がかかることがある

・すぐに辞めると効果が薄くなる

・信託報酬がかかる

・ETFは売買手数料がかかる

・銀行をへ変更はできるものの、これまで積み立てた投資信託は移せない

・投資枠が再利用できず、繰り越しもできない

 

上記は積み立てニーサならではの落とし穴といってもいいでしょう。

 

積み立てニーサは資産運用としておすすめの投資活動として例に出されることがありますが、魅力ばかりみていては、思わぬ落とし穴にはまってしまいます…。

 

リスクが高くてハイリターンならいいですが、リスクが高い上に損したなんてこと、絶対に避けたいでしょう。

 

本来ならお金を増やすためにしたかった投資が、損するための投資になっては悲しすぎます。

 

積み立てニーサのシュミレーションを楽天証券でしてみる

イメージがわかなければ、まずは楽天でシュミレーションをしてみましょう!

そうすればわかりやすいです。

 

積み立てニーサは、今楽天証券でも話題になっている投資方法でもあります。

ば楽天証券では積み立てニーサを扱っていますから、楽天証券の口座をお持ちなら今すぐでも積み立てニーサにトライできます。

 

 

そもそも積み立てニーサとはどんな仕組みがあるでしょうか?

 

積み立てニーサの最大の魅力はなんといっても、基本的に非課税のことです!

課税対象になりませんから、積み立てニーサでお金が増えてもその分税金を支払わなければ…!ということもないのです。

 

普通の投資では、株式や投資信託の配当金の利益については、税金がかかかります。

 

しかし積み立てニーサ用の口座で運用して資産に利益が生じても、課税対象にならないのです。だから税金のマイナス面がなく、無駄がなくなるのです。

 

この仕組みに魅力を感じて積み立てニーサに興味を持ち始める人がいます。

非課税ならば、投資で得た利益がガッポリあなたの手元に入るのです。

積み立てニーサのおすすめ銘柄の選び方

積み立てニーサで成功したいなら、銘柄の選び方についても知っておくと有利です。

初心者が失敗しにくい銘柄の選び方もあります。

 

インターネットでも、積み立てニーサのおすすめの銘柄について公開されています。

投資信託や海外投資、株取引をご検討中であれば、ぜひ参考にしてみてください。

 

また、積み立てニーサの利回りについて気になっているあなた。

 

新たに投資を始めるら、利回りについても知っておきたいところです。

積み立てニーサの平均利回りはどのくらいでしょうか?

 

そもそも平均利回りとは何のことかというと、一定の期間で投資した元本が、一年あたり平均でどのくらい利益を得たから示す指標です。

 

積み立てニーサのおすすめの銘柄はどれか

 

積み立てニーサで利益を得て資産を増やしたいなら、ぜひ銘柄の選び方を知っておきましょう!

 

レオスやコモンズ、フィデリティ、日興などが特におすすめです。

また、ひふみもおすすめです。

どんな銘柄を選ぶかによっても、資産運用の成功率が違ってきます。

 

預金など定期的なり払いがある金融商品が対象のため、積み立てニーサの投資信託で利払いがない商品は、平均利回りではなく平均収益率が高いことになります。

 

積み立てニーサの平均利回りについていえば、投資信託によって違ってきます。なんせ積み立てニーサは2018年にスタートしたばかりの比較的新しい投資方法です。

 

実際の利回りなど、運用実績に関する統計がとりきれていないことがあり、情報が不足しています。

 

ですから、過去のデータを鵜呑みにするのはまだ早いでしょう。

データを参考にするのはいいですが、分析するにはまだ早いかもしれません。

 

積み立てニーサのデメリット(利回りして損した)とメリットについて

ただ、投資を利用する前にはメリットもデメリットも知っておく必要があります。

 

積み立てニーサには落とし穴があるくらいですから、メリットだけでなくデメリットもあります。

 

ここでは、積み立てニーサの注意点やデメリットについて記載していきますので、積み立てニーサが気になるあなたはぜひチェックしてください。

 

積み立てニーサは、損した時には税制上の特典を受けられません。

 

積み立てニーサは非課税なのが大きな特徴でしたが、もし損失が出たなら、ほかの運用益と相殺され、繰り越しができないのです。

普通の投資であれば、損した時でも3年間繰り越せます。

ただ、積み立てニーサは繰り越し控除ができないのです。

 

積み立てニーサの注意点としては、選べる金融商品の種類はそんなに豊富じゃないということです。

 

積み立てニーサで購入できるのは、金融庁の厳格な条件をクリアした投資信託やETF(上場投資信託)だけです。

 

非課税枠の中で国内外の株式やリートへ投資したいなら、NISAではなく普通のNISAを選ぶべきなんです。

 

ここは少しややこしいポイントなので注意が必要です。

-お得情報

Copyright© 小学生ママの子育て奮闘記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.