リアルな体験と役立つ情報をお届けします。

小学生ママの子育て奮闘記

パソコン

バッテリーリフレッシュ診断ツールをwindows10で無料で使う方法まとめ、東芝、富士通、necで使う場合の情報まとめ

バッテリーリフレッシュ診断ツールを使うと、バッテリーの寿命が延びるらしいです。それなら

バッテリーリフレッシュ診断ツールの使い方を知っておいた方がいいでしょう!

 

ここでは、バッテリーリフレッシュの使い方や機能についてご説明していきます。

 

バッテリーリフレッシュ診断ツールを無料で使う方法まとめ

 

バッテリーリフレッシュ診断ツールは無料で使えます。

 

その入手方法もシンプルです。

 

わかりやすい入手方法といえば、マイクロソフトストアから入手する方法です。

 

ただ、バッテリーリフレッシュ診断ツールを使う大前提として、バッテリーリフレッシュ診断ツールを使うにはnec製のパソコンでなければなりません。

 

なぜなら、バッテリーリフレッシュ診断ツールはnec製のパソコンに氷筍搭載されているツールだからです。

 

もしあなたがwindows10ユーザーで、nec製のパソコンならバッテリーリフレッシュ診断ツールが使えます。

 

しかしそうでないなら、windows10を使っていても残念ながらバッテリーリフレッシュ診断ツールが使えません…。

 

ちなみに私もwindows10ユーザーなのですが、nec製ではないため使えませんでした。

 

バッテリーリフレッシュ診断ツールはnec製のpcに搭載されているツールであり、2017年6月以降に出荷されたnec製のパソコンでしたら、インストールしなければ使えません。

 

バッテリーリフレッシュ診断ツールを富士通のパソコンの場合

 

富士通のホームページには、Q&Aというページがあります。

 

その質問コーナーに、バッテリーリフレッシュ診断ツールについての問い合わせがあります。

 

富士通の機種でもバッテリーリフレッシュ診断ツールが使えるかというと、機種によって使えることがあれば、使えないこともあります。

 

もし富士通を使用していても、バッテリーリフレッシュ診断ツールのアプリが画面に表示されない場合や、アプリ一覧にバッテリーリフレッシュ診断ツールがない場合には、利用できません。

 

バッテリーリフレッシュ診断ツールが使えるなら、バッテリーリフレッシュ診断ツールの表示があるはずなのです。

 

バッテリーリフレッシュ診断ツールを使うと何が診断できるかというと、パソコンやタブレットについているバッテリーの情報を閲覧し、充電の量を設定できます。

 

尚、ホームページからバッテリー診断をおこなうことはできません。

 

バッテリーリフレッシュ診断ツール・necで非対応の時のやり方や東芝の使い方

 

バッテリーリフレッシュ診断ツールを使ってバッテリーの様子を監視することで、バッテリーの老朽化を防ぐことに繋がります。

 

しかし、先ほどお伝えしたように、nec製品でも非対応の場合があります。

 

さらに、windows10の更新状況によっても画面や操作の手順、機能が違ってくる場合があるので注意が必要です。

 

非対応の場合は残念ながらバッテリーリフレッシュ診断ツールが使えませんが、バッテリーが長持ちするように、普段から心がけることでバッテリーパックの老化が防げます。

 

necや富士通にはバッテリーリフレッシュの概念があるようですが、東芝はどうでしょうか?

 

ちなみに私は東芝製のwindows10を使っていますが、バッテリーリフレッシュについて

聞いたことがありません。

 

東芝にもバッテリーリフレッシュ診断ツールがあるかというと、あります!

 

バッテリーリフレッシュ診断ツールという名前ではありませんが、東芝バッテリーマネージャーといって、エコ充電モードに設定すれば、バッテリーの寿命を延ばせるのです。

 

エコ充電モードにすることで、バッテリーがフル稼働している時よりもバッテリー機能の低下を遅らせることができます。

 

 

バッテリーリフレッシュ診断ツール・necにも機能があるのか

 

ある場合と、ない場合があります。

 

何度もお伝えするように、同じwindows10を使っていても、necにバッテリーリフレッシュの機能がある場合と、ない場合があります。

 

もしnecにバッテリーリフレッシュ診断ツールの機能がなければ残念ですが、だからといってそのまま諦めることはありません。

 

自己流に、何も考えずにバッテリーを使っていると、バッテリーリフレッシュの機能を使えないこともあり、どんどん劣化してきてしまいます…。

 

necにバッテリーリフレッシュの機能がなくても、以下のことに気を付ければ劣化を防げるでしょう。

 

長期間PCを放置する場合は、バッテリー残量を50%にしてから保管する

一カ月以上使わない場合でも、毎月一回はバッテリーを稼働させる

高温のところに置きっぱなしにしないこと。涼しい場所で保管する

 

これらを意識することでも違ってきます。

 

 

バッテリーリフレッシュ診断ツールをwindows10のPCで使う場合の情報まとめ

 

バッテリーがダメになってしまうと、車のエンジンがダメになるのと同じで本体が使えなくなります。

 

バッテリーが劣化してパソコンで作業ができなくなると、とても不便でしょう…。

 

機種に合ったバッテリーを購入して交換すれば一見落着ですが、お金もかかりますし、バッテリーが届くまでに多少タイムラグがあります。

 

すぐ交換したくても、時間がかかることがあるんです。

 

また、新しいバッテリーに買い替えても、使い方が悪ければまたすぐ劣化して交換というハメになります。そのたびにお金がかかるので、できれば一つのバッテリーを長持ちさせるようにしましょう。

その対策の一つとして、バッテリーリフレッシュ診断ツールがあるのです。

 

ぜひ有効活用しましょう。

-パソコン

Copyright© 小学生ママの子育て奮闘記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.