リアルな体験と役立つ情報をお届けします。

小学生ママの子育て奮闘記

パソコン

chrome メモリ使用量の使いすぎ/食いすぎを減らし抑える方法、不足時の解放や制限について解説

 

Google Chromeのメモリ使用量を抑える方法

Google Chromeは動作が軽快であるといわれていますが、実はそれは大量にメモリを使用しているからという側面があります。

便利な分の反動がメモリに回っているということになります。

最新のパソコンを使っている方はそれほど苦にはならないかもしれませんが、中古パソコンなど古いパソコンを使っている場合、Chromeのメモリ使用量に耐えられない場合があります。

以下の方法でメモリ使用量を減らすことができます。

  • キャッシュを削除する
    キャッシュを削除することで余計なメモリ使用を抑えることができます。
  • タブを減らす
    一度にたくさんのタブを開くと、その分だけメモリを使用します。
    見終わったウェブサイトのタブを閉じておくようにすることで、メモリの使用量を抑えることができます。
  • 不要な拡張機能を削除したりオフにしたりする
    Chromeには拡張機能といって様々な便利な機能を追加できますが、追加していけばいくほどメモリを消費します。
    使わなくなった拡張機能があれば削除し、すぐに使うことがない拡張機能があれば一時的に無効にしておくことでメモリ使用量を抑えることができます。

Google Chromeのメモリ解放方法

拡張機能を使用することで、メモリを開放することができます。

例えば「OneTab」という拡張機能では、使用していないタブのメモリを開放することができます。

Chromeに搭載されている機能でも実行することができますが、上級者向けとなっています。

 

Google Chromeがメモリ不足で落ちる・強制終了の原因

メモリの説明はよく机の広さで例えられます。

メモリ容量の大きさ=机の広さと考えると、Chromeを利用すると机に大量の荷物を置いているという状態になります。

机のうえに置いている荷物が机の下に崩れ落ちていくのがいわゆる強制終了となります。

原因としては、机が小さい=メモリが少ないといったところや、前述のとおり多数の拡張機能を使っていたりすることによってメモリ使用量が容量の限界を超えてしまうといったことが考えられます。

メモリは簡単に交換することができるので、大きい容量のものに交換するのも一つの方法です。

Google Chromeのメモリ使用量が増え続ける なぜ?

基本的にソフトウェアはアップデートが行われるごとにデータが増えていく傾向にあります。

Chromeも同様にアップデートが行われることによってデータが増えていきますが、Chromeの場合頻繁にアップデートが行われているので、その分データ増加も早いといえます。

また、前述のとおり拡張機能の入れすぎやキャッシュのたまりすぎといったこともメモリ使用量が増え続ける原因となります。

 

Google Chromeのメモリ自動解放設定方法

増え続けるメモリ使用量を解放するには、前述のとおりキャッシュの削除、拡張機能の削除、タブを開きすぎないように気を付けるといったことを行うことが大切ではありますが、
ある程度自動でメモリを解放することもできます。

例えば拡張機能の一つである「OneTab」には、アクティブなタブ以外のタブのメモリ使用量を減らす効果があります。

これを利用することで、メモリ使用量を継続的に減らすことができるようになります。

他にも似たような機能を持つ拡張機能はあるので探してみてはいかがでしょうか。

-パソコン

Copyright© 小学生ママの子育て奮闘記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.