リアルな体験と役立つ情報をお届けします。

小学生ママの子育て奮闘記

テンプレート

金銭消費貸借契約書のひな形wordを無料でダウンロードする方法!印紙や親子間のテンプレートまとめ

金銭消費貸借契約書のひな形、wordファイルのテンプレートをダウンロードする方法

 

金銭消費貸借契約書とは、不動産用語でよく出てきます。

wordファイルのテンプレートもありますので、ダウンロードしてそのフォーマット通りに進めれば金銭消費貸借契約書が出来上がります。

金銭消費貸借契約書はどんな時に必要かというと、借主と貸主が契約する時に必要です。

もっと具体的にいうと、借主が貸主から金銭を借入、その金銭を消費し、その借入金額と同額の金額を貸主に返還するという契約なんです。

住宅を買い、ローンを銀行から借りる時は、借主はこれから買う住宅に抵当権を設定します。その抵当として、銀行に差し入れるのが基本です。

 

金銭消費貸借契約書の印紙代と公正証書

 

金銭消費貸借契約書は契約書類になりますから、基本的に印紙代がかかります。印紙代は双方どちらかだけが負担するのではなく、

どちらも負担するようになるでしょう。

印紙代がいくらになるかは、国税庁のホームページに目安が出ています。

基本的に、契約金額が大きいほど印紙代も大きくなります。

最低金額は200円です。双方で負担するといっても、その比率については双方で取り決めができます。その取り決めは法律はは介入しないので、当人同士が

合意すればその割合でいいのです。

また、金銭消費貸借契約書には公正証書が必要になることもあるので気を付けましょう。

 

金銭消費貸借契約書・親子間の取り決めの必要性

 

金銭消費貸借契約書はあかの他人同士が結ぶ契約ばかりではありません。

親子間でも金銭消費貸借契約書が必要になるケースはあるのです!親子間で住宅購入や貸し借りがあった時も、基本的に契約書が必要です。

金銭消費貸借契約書を書き、印紙税を収めて契約します。

いくら親子間であれ、契約書が不要になるということにはできません。

大きな金額が動いている時はとりわけ必要です。

税務署では、高額な資金が動いたときは、たとて親子間であっても契約書や詳細について知りたがります。

関心があるのです。もしあなたがマンションを買うと、税務署から資金がどこから出たのかと調査が入ります。

 

金銭消費貸借契約書・個人間にない時はトラブルになるのか

 

住宅の購入資金の一部や全額を親から出してもらった場合、贈与にあたります。

贈与には贈与税がかかりますかが、優遇措置もあります。

 

親子間でも金銭消費貸借契約書は必要なので、結構厳しいですよね。

親から資金を出してもらった場合に、特例措置が認められなければ贈与税がかかります。贈与税は多額の金額になることもあるので、結構きつい場合もあるのです。この贈与税を払いたくなくて、金銭消費貸借契約書を交わさず親子間でこっそり取引するご家庭もあります。

しかし税務署に目をつけられやすいのでこれはおすすめできません。いくら親子間で内密に取引しても、税務署にはわかってしまうのです。

また、個人間にない時はトラブルになります。

 

金銭消費貸借契約書の書き方(住宅ローン・無利子)

 

金銭消費貸借契約書には、住宅ローンの場合や無利子など、さまざまなパターンがあるかと思います。いずれにしても、金銭消費貸借契約書の書き方を正しくすることが重要です。

金銭消費貸借契約書の書き方については、インターネットのwebサイトを参照すればいいでしょう。

いくつかのサイトで、金銭消費貸借契約書の書き方についてわかりやすく伝えているところがあるのです。

金銭消費貸借契約書は金消契約、ローン契約ともいわれています。個人間だけでなく、法人取引でも金銭消費貸借契約書が登場することがあるんですね。

銀行からお金を借りて、期限内に返済することが約束です。

金銭消費貸借契約書には、直筆の署名があれば印鑑は不要です。

-テンプレート

Copyright© 小学生ママの子育て奮闘記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.