リアルな体験と役立つ情報をお届けします。

小学生ママの子育て奮闘記

パソコン

オープンオフィス 日本語版の無料ダウンロード、Windows10/macのインストール、縦書きの使い方などを解説

オープンオフィスのwindows10やmacへのダウンロード方法

OpenOfficeはWindowsだけではなく、Macにも対応しています。

それぞれのダウンロード方法は同じで、同一のサイトからダウンロードすることができます。

以下の方法でダウンロードすることができます。

  1. https://www.openoffice.org/download/index.htmlにアクセスする
  2. 「Select your favorite operating system, language and version:」と書いている下で、自分が使っているパソコンのOS(Windows 32-bitや64-bitなど)を選ぶ
  3. Download full installationをクリックする

エクセルとの違い

Microsoft Officeに搭載されているExcelは、OpenOfficeにおいてはCalcと呼ばれる表計算ソフトが対応してしています。

基本的な使い方はMicrosoft Office ExcelもOpenOffice Calcもほどんど違いはなく、どちらも問題なく使用することができます。

Microsoft Office Excelで使用されている.xlsx形式のファイルは、OpenOffice Calcにおいても使用することができます。

パワーポイントと似ている?使い方

Microsoft Office PowerPointは、OpenOfficeにおいてはImpressというプレゼンテーションソフトが対応しています。

Microsoft Office ExcelとOpenOffice Calcと同様、こちらにおいてもほとんど違いはなく、基本的な操作も似通っているので問題なく使用できます。

Microsoft Office PowerPointで作成されたファイルもOpenOfficeで使用することが可能です。

オープンオフィスでの縦書きの方法

Microsoft Office Wordに対応するOpenOfficeのWriterでは、縦書きのドキュメント作成に対応しています。

以下の方法で縦書きの設定をすることができます。

  • メニューから「書式」→「ページ」を開く
  • 「ページスタイル」の中から「ページ」を開く
  • 「文字の方向」を「右から左へ(縦書き)」にする
  • OKを押す

オープンオフィスとは

OpenOfficeは2012年に初版がリリースされた、オフィス互換ソフトの一つです。

Officeといえば一般にMicrosoft Officeを思い浮かべる人が多いと思いますが、現在ではMicrosoft Office以外にもさまざまなオフィスソフトがあり、その中の一つがOpenOfficeです。

OpenOfficeとMicrosoft Officeの最大の違いは、OpenOfficeは無料で使うことができるという点でしょう。

無料で使えるとは言っても、Microsoft Officeとそこまでの違いはなく、基本的には同じように使うことができるようになっています。

一部の機能についてはMicrosoft Officeに軍配が上がりますが、OpenOfficeも基本的な使い方であれば問題なく使うことができます。

また、OpenOfficeではMicrosoft Officeのデータを取り扱うこともできます。

-パソコン

Copyright© 小学生ママの子育て奮闘記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.