リアルな体験と役立つ情報をお届けします。

小学生ママの子育て奮闘記

家事と生活の知恵

【給与所得控除とは】控除額の早見表と算出表の令和2年、3年・計算方法を詳しく解説!

 

給与所得控除とは

給与所得控除とは何かご存知でしょうか?給与所得控除について詳しいところが知りたい場合は、国税庁のホームページを見てみるといいでしょう。

給与所得控除については、国税庁のホームページでも案内しているのです。

会社員として給料をもらっている従業員であれば、給与所得控除が関係してきます。

給与所得控除とは、所得税や住民税を計算する時に必要な控除なのです。

会社員の給料から一定の金額を引くことを、給与所得控除といっています。

ですから、本来もらえはずの給料から、引かれた金額が会社員の手元に残ります。

手取りともいいますよね。普通なら、給与所得控除の計算は会社が年度末にします。

 

給与所得控除額の早見表

 

給与所得控除額の早見表の早見表もあります。どのくらいの給料の時にどのくらい控除額が引かれるか知りたい時には、給与所得控除額の早見表を見てみるといいでしょう。

給与所得控除額の早見表は会計事務所や国税庁のホームページでも案内があります。

控除金額について詳しく知りたいなら、給与所得控除額の早見表を見てみるとわかりやすいでしょう。例えば660万円だとしたら、850万円以下の控除額になります。給料がどれくらいかによっても、控除金額が左右されるのです。

 

その金額が所得税や住民税にも反映されるのですね。

 

給与所得控除と似た言葉に、所得控除があります。

所得控除というのは、個人の事情を把握し、所得税や住民税を計算する時に収入額を一定の金額引くことです。

給与所得控除後の金額計算方法

給与所得控除がされた後の金額計算方法についても知りたくないですか?

その方法についても、webで出ています。給与所得控除後の金額計算方法には、

年収に応じて控除されます。その差し引いた金額が、給与所得控除後の金額として記載されるのです。源泉徴収分についても、給料から引かれます。その引かれた分の金額は、年度末に調整されて戻ってきます。それは源泉徴収された分の金額ですから、控除された金額が全部戻ってくるわけではありません。給料から天引きされ、戻ってこない金額もあるのです。

源泉徴収がどのくらいされているかは、給料明細をみればわかるでしょう。また、翌年になって戻ってくる源泉徴収についても、どれくらい戻ってきたかが確かめられます。

基礎控除との違い

給与所得控除のほかに、基礎控除があります。給与所得控除と基礎控除は性質が異なるものです。

どのように違うのでしょうか?ここで確認していきましょう!

給与所得控除と基礎控除の違いについては、webサイトでもきちんと説明されています。

税額を計算する時、給料から控除されるさまざまな金額が所得控除です。

給料を受け取る従業員などが受けられる所得控除は、給与所得控除です。

所得控除にはそのほかにもさまざまな種類があり、基礎控除もその一つなのですね。

基礎控除については、会社員でも自営業の方にもあります。

収入を得ている方であれば、誰でも基礎控除が適用されるのです。しかし、人によってどのくらいの基礎控除が受けられるか、金額が変わっています。

給与所得控除の65万円とは?なぜ?

給与所得控除の65万円とは何かご存知でしょうか?65万円という数字はよく見かけます。配偶者の年間の合計所得が38万円以下であれば、配偶者控除が受けられるのです。給与所得控除額については、65万円です。配偶者のその年の収入がもし103万だったなら、給与所得控除金額から65万円を差し引くことができるということです。

 

書き間違いも防げるでしょう。

 

この控除については、全部で15種類ほどあります。

 

源泉徴収表というのがあるからです。

これは当然ですが、大事な表です。年が明けると自動で振り込まれるのですが、大事に保管しておきましょう。

 

例えば自営業の方と会社員の基礎控除額が、まったく同じになることはありません。

-家事と生活の知恵

Copyright© 小学生ママの子育て奮闘記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.