リアルな体験と役立つ情報をお届けします。

小学生ママの子育て奮闘記

IE

リチウムイオン電池【メーカー一覧を確認する・捨て方がわからない・廃棄処理について消防法で決められている・原理や仕組みが知りたい・ヤマダ電機で回収してくれるのか・寿命や構造について・ノーベル賞受賞】

2021年1月6日

 

ここでは、リチウムイオン電池について詳しく解説します。

そもそもリチウムイオン電池をご存知でしょうか?

 

リチウムイオン電池が多く利用されているものは…

リチウムイオン電池は、多様なデイバスにフィットする
柔軟な電池です。
私たちの生活に身近なものにも使われていますよ。

https://industrial.panasonic.com/jp/products/batteries/secondary-batteries/lithium-ion

独自の技術によって、リチウムイオン電池は
さらに薄く、軽くなってきています。

例えばスマホやノートパソコンにも
リチウムイオン電池が使われています。

産業にも活用されるシーンが多いので、
ご利用シーンは幅広いといえます。

リチウムイオン電池にも種類があります

 

・ピン形リチウムイオン電池
・円筒形リチウムイオン電池
・角形リチウムイオン電池

 

リチウムイオンといえば、ノーベル賞受賞した製品でもあります。
その歴史は古いので、ここで学んでいきましょう!
原理や仕組みが知りたい方も、ここでご参考になる情報を掲載しています。
寿命構造についても知ってみましょうね。

 

リチウムイオンのメーカー一覧を確認する

リチウムイオンを出しているメーカーを、下記の一覧で確認してみましょう!

https://baseconnect.in/companies/keyword/a07559eb-2fa9-48c9-9d27-0263f9396a98

捨て方がわからないとき

https://meetsmore.com/services/unwanted-item-pick-up/media/33278

リチウムイオンの捨て方についてですが、廃棄処理について消防法で決められているのです。

ヤマダ電機で回収してくれるのか?

回収してくれます!

料金や回収方法については下記のページから確認ください。

https://www.yamada-denki.jp/service/kaden_kaisyu/

 

リチウムイオン電池の開発について

リチウムイオン電池は、1970年代に考案されました。
案を出したのは、ウィッティンガム教授という方です。
リチウム金属を使った電池を考案したことに
始まります。
1980年代諸島には、グッドイナフ教授が、コバルトリチウムを
開発しました。

1980年代になると、日本人の吉野氏が、
コバルト酸リチウムと炭素系の素材お使った
電池を考案しました。

このことにより、現代のリチウムイオン電池の
初期モデルが出来上がったのです。

1980年代はすでにノートパソコンが開発され、普及が広がっている
時期でした。

1990年代には、国内企業がノートパソコンの商品化を
加速させ、携帯電話や
ノートパソコンからさらに派生していき、
音楽プレイヤーやデジタルカメラも進化していきました。

2010年代にはいると、スマホやスマートウォッチも
世間に浸透していき、デバイスのバリエーションが
かなり増えましたよね。

今となってはドローンといった昔では考えられなかった
テクノロジーも生まれています。

人工衛星や音のでない潜水艦もそうです。
リチウムイオン電池は私たちの生活、社会に欠かせない役割を果たす
物質です。

ちなみにリチウムイオン電池には、一次電池と二次電池の二通りあります。
これはリチウムイオン電池に限ったことではなく、
電気の世界では必ず一次と二次があるのです。

一次と二次の違いって?

化学的な電池の中で、乾電池のように充電できない電池は一次電池です。

充電できるものは二次電池と呼んでいます。

その代表にあたるのがリチウムイオン電池です。

水素と酸素の化学反応を利用して作用します。

電池の基本中の基本ですが、プラスとマイナスが始まって電流が流れますよね。

 

どの電池にもこれは共通していえることです。

各部位に何の素材を使うかによって、電池の種類や性能が決まってきますよ。

電池の原理や仕組みが知りたい!寿命や構造について

 

何だか理科の授業をしているみたいですが、最低限電池のことについて知っておきたい基本事項があります。

・電子が流れないと電気が切れてしまう
・化学反応によって電子&イオンが発生する
・電子とイオンが移動すると電気エネルギーが創出される

電気の仕組みについて知らなくても生活は成り立つかもしれませんが、
ぜひ覚えておきましょうね。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

リチウムイオン電池について詳しくわかっていただけたでしょうか。

リチウムイオン電池は、普段意識していなくても
私たちの生活の身近なところで使われています。

化学反応を利用し、直流の電力を生み出して、
リチウムイオンが行き来して充電がおこなわれています。

リチウムイオン電池によく使用されているものには、
マンガン系やニッケル、コバルト系などがあります。

リチウムイオン電池の電力は、プラス、マイナスともに
層構造です。

その間にリチウムイオンが埋め込まれているのです。

充電する時は、リチウムイオン電池がプラスから
マイナスに流れていく仕組みです。

放電する時は、逆にマイナスからプラスへと向かっていきます。
行ったり来たりする反応が
リチウムイオン電池の特徴です。
スマホのバッテリーや、パソコンのバッテリーに
リチウムイオンが使われるケースも多いのですよ。

-IE

Copyright© 小学生ママの子育て奮闘記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.